交通事故に遭って困った事体験まとめ

交通事故に遭って困った事エピソード

飛び出し常習者の知人

田舎の一本道での事故です。道の脇に施設があり突然車が飛び出して来たのです。

こちらも止まりそうもないのを感じたので避けたのですが、側面を擦ってしまいました。

交通事故としては、軽い方だったのですが、加害者はその辺では有名なほど飛び出しが多い方だったのです。私も知らない人では無かったのですが、流石にそこまではわかりませんでした。

すぐに警察と保険屋に連絡して手続きを取りました。けが人もいなかったので、車の板金と、塗装ですみましたのですぐ直りました。

ともかく、怪我が無くてよかったと言うことで終わりましたので、弁護士などのお世話になることは無かったのですが、知っている人との交通事故はお互いに嫌なものですね。

あまり強い言い方もできませんし、全て保険屋さんに任せるしかないのです、事故の割合がどうなったのかもわかりませんが、全ての処理が終わりました。次の日にどうしても、自分の車で行く予定が入っていたので、ディーラーに持ち込み。その日のうちに修理が終わるという奇跡的な速さで修理してくれたのです。ディーラーの力もすごいですね、外注だったようですが、その日のうちに治してしまったのですから。

今回の事故はこちらが避ける余裕があったのでかすり傷程度で済みましたが、もう少し相手が出ていていたら、相手の運転席にぶつかる所でした。そうなったら、被害者と加害者が逆転するところでした。間一髪の回避が、事故を軽い物にしたのです。

Posted:2017/12/20